退職祝いとマナー

退職祝いを贈る場合にはいくつか注意すべきマナーがあります。
気をつけるマナー、そして注意点についてご紹介します。

まず、気をつけるマナーと注意点というのは以下のようになります。
お茶詰め合わせなどというのはNGです。
え!お茶好きな人にはお茶の詰め合わせでも良いんじゃないの?
そのように思ってしまいがちです。

しかし、これは香典返しに使うケースが多いですので、あまりおすすめできません。
また、老人を連想させるようなグッズというのもNGです。
老眼鏡などというのはNGなんですよ。

ただし、いつまでも若々しくいてほしい!
そう思うからといってあまりにも若者向けのグッズは避けるようにしてください。

せっかくのプレゼントが、実は非常識なものだった…
なんてことになってしまうのは嫌ですからね。

おすすめの歯科衛生士求人サイト
http://dh-lookfor.jp/

退職祝いと事前の準備

退職祝いを渡すのであれば、まずは事前の準備をしっかりと行うようにしましょう。
念入りなリサーチを忘れてはなりません。

特に値段が高くて良い物を贈るためには、事前にその人の好みなどを徹底的にリサーチするようにしなければなりません。
話しをしている中で、相手が本当に欲しがっているものを聞き出すというのもおすすめです。

また、さり気なく聞き出すというのも重要です。
あまり直接的ではなく、遠回しに聞き出すようにしてみてください。

この好みのものを聞き出すには、半年前くらいには上手に聞き出しておくようにしましょう。
家族だからこそ、事前のリサーチというのは可能ですので、場合によってはプレゼントを渡す相手の家族に、なにを欲しがっているのかを聞き出すのもおすすめですよ。

退職祝いの値段の相場

定年が還暦と一緒なのであればそのお祝いも兼ねて、家族でお祝いをするというのはどうでしょうか?
新しい門出としてふさわしいものにして上げたいですよね。
そういう場合には、定年退職のお祝い、そして還暦のお祝いも一緒に行うのが良いでしょう。

還暦のお祝いというと、昔であれば赤いちゃんちゃんこを着るというのが一般的でしたが、最近では赤いセーターや部屋着など赤い色でオシャレなものを選ぶ方も多いようです。

また、赤いものにこだわる必要も最近ではなくなっています。
そのため、本人の希望しているものをそれとなく聞いておいて、プレゼントするというのも良いと思いますよ。

還暦のお祝いの場合、値段の相場としては5000円から30000円というのが最も多いようですので、その範囲内でのプレゼントを選ぶようにしてみてください。